西日本シティ銀行について

西日本シティ銀行の金利について

西日本シティ銀行が提示する金利については以下のようになっています。

まず、最も基本となる普通預金に対する金利は0.020%です。定期預金に関しては、西日本シティ銀行ではスーパー定期というものが最も基本となりますが、スーパー定期も預金額が300万円未満のスーパー定期と、預金額が300万円以上1000万円未満のスーパー定期300とに分かれています。

預金額が300万円未満のスーパー定期に対する金利は、預金期間が1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年の場合には0.025%、預金期間が2年、3年、4年、5年の場合には0.030%、6年、7年の場合には0.040%、8年の場合には0.050%、9年の場合には0.070%、10年の場合には0.100%の金利となっています。

預金額が300万円以上1000万円未満のスーパー定期300に対する金利は、預金期間が1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年の場合には0.025%、預金期間が2年、3年、4年の場合には0.030%、5年の場合には0.040%、以降6年で0.050%、7年で0.060%、8年で0.080%、9年で0.100%、10年で0.120%となっています。

また、預金金額が1000万円以上の大口定期に対しては預金額が大きくなる分金利もスーパー定期やスーパー定期300よりも有利になっており、預金期間が1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年の場合には0.025%と変わりはありませんが、預金期間が2年、3年、4年では金利は0.040%、5年では0.060%、6年では0.070%、7年では0.080%、8年では0.100%、9年では0.120%、10年では0.150%となります。

このような基本となる預金方法の他にも、西日本シティ銀行にはさまざまな預金方法があり、その金利も少しずつ差があるようです。例えば、一口に定期預金と言っても西日本シティ銀行には「スーパーナイス」という、預金期間が6ヶ月を過ぎるといつでも、何度でも引き出しをすることができる定期預金も存在します。自分のお金の使用計画によって、個人に合った、そして自分にとって有利となる預金方法を選ぶことも、大切なことと言えそうです。

金利を少しでも有利に得られるように、西日本シティ銀行の金利について良く吟味してみると良いでしょう。