人気急上昇中の香川銀行

香川銀行とは

香川銀行は、香川県高松市に本店を置く地方銀行のひとつです。設立は1943年2月1日で、もともとの社名は香川無尽株式会社という名称でした。その後、1951年に相互銀行法の施行によって株式会社香川相互銀行となり、1989年には普通銀行の一斉転換に伴って現在のように株式会社香川銀行となりました。2010年からは、隣接する徳島県にある地方銀行、徳島銀行とトモニホールディングスを設立し、香川銀行はそのトモニホールディングスの完全子会社となっています。

四国4県にはそれぞれ香川銀行をはじめとして愛媛銀行、高知銀行、そして徳島銀行がありますが、これら4行は4 YOU NET(フォーユーネット)という名称のもとで提携しており、キャッシュカード等による現金の入出金や残高照会に関わるATM利用手数料が無料となります。ただし、時間外手数料が必要となることや、一部の提携先ATMにおいてはATM利用手数料が必要となる場合もありますので注意が必要です。

香川銀行は、「貢献・繁栄・幸福」を経営理念として地域に根ざした銀行としての経営を行っています。2012年には香川無尽株式会社の設立から70周年を迎え、長い歴史を持つ銀行と言えますが、地域経済や人口減少など地域が抱える問題は決して小さいものではなくなってきているため、香川銀行の銀行としての責務はこれからますます大きなものとなっていくと言えるでしょう。

そのような中で、香川銀行は基本的な預金等サービスの提供に加えて教育ローンや住宅ローンなど人々の暮らしに欠かせないサポートをしたり、顧客が銀行サービスを利用しやすいようにインターネットバンキングやインターネット支店を設置するなどサービス内容の充実にも力を入れているようです。地域に根ざすという意味で、さまざまな文化活動や環境への取り組み等も行っています。

このように、香川銀行は地域に根ざす銀行としてその業務内容の充実をはかっているようです。